【目利きの銀次】のランチメニューやテイクアウトメニューなどを紹介します。

【目利きの銀次】は2010年8月に「漁師料理の居酒屋」としてオープンして以来、2022年5月20日時点で【目利きの銀次】の店舗数は181店舗をチェーン展開しています。

(出典元:【公式】目利きの銀次

【目利きの銀次】と言えば、お客様ご自身が卓上で焼く“濱焼”(卓上焼)や丼ものや刺身盛りが人気の居酒屋です。

コロナ禍にも関わらず【目利きの銀次】はテイクアウトやデリバリーにいち早く対応したり、ランチタイムメニューも安く提供するなど、人気があり順調に【目利きの銀次】は店舗数を増やしています。

【目利きの銀次】のランチタイムはオープンから15:00までで、ランチタイム限定のメニューもあります。
そんな【目利きの銀次】のランチメニューはこちら(すべて税込み価格です。)

「海鮮丼」
・赤鉄火丼:647円
・まぐろ四色丼:576円
・白鉄火丼:647円
・まぐろたたきの赤鉄火丼:647円
・まぐろたたきの白鉄火丼:647円
・まぐろハラモ漬け丼:647円
・まぐろハラモとろろ丼:756円
・まぐろハラモとまぐろたたきたくあん丼:756円

「サーモン」
・とろサーモン丼:647円
・とろサーモン漬け丼:647円
・まぐろたたきとろサーモン丼:756円
・とろサーモンいくら親子丼:867円
・いくらとろサーモンまぐろたたき丼:976円

「真鯛しらす」
・漬け真鯛としらすの漁師丼:867円
・真鯛としらすの磯のり丼:867円
・しらす月見丼:647円
(真鯛としらすの磯のり丼としらす月見丼は※7月1日~9月30日は生玉子の提供を一時休止し特製卵黄ソースを添え提供させていただきます。)とのことです。

【目利きの銀次】のランチメニューは、これに味噌汁付いて1000円以下なので非常にお得ですね。

【目利きの銀次】は「さざえ」・「しろはまぐり」・「帆立」を自分で焼ける“濱焼”(卓上焼)も人気ですね。

それぞれの焼き方もメニューに書いてあります。(拡大表示できます)

(出典元:【公式】目利きの銀次

そして【目利きの銀次】はテイクアウトも好評です。

その【目利きの銀次】はテイクアウトメニューはこちら(海鮮丼のみ)

・バラチラシ:852円
・北海三種丼:1,467円
・海鮮三種丼:742円
・海鮮五種丼:958円
・海鮮七種丼:1,066円
・まぐろ四色丼:742円
・赤鉄火丼:636円
・白鉄火丼:636円
・まぐろたたきの赤鉄火丼:636円
・まぐろたたきの白鉄火丼:636円
・まぐろ四色丼:742円
・まぐろハラモとろろ丼:742円
・まぐろハラモとまぐろたたきたくあん丼:742円
・とろサーモいくら親子丼:852円
・漬け真鯛としらすの漁師丼:852円
・いくらとろサーモンまぐろたたき丼:887円

【目利きの銀次】は他にもサイドメニューも豊富なので、どの「海鮮丼」と組み合わせるかで悩む人も多いようです。

【目利きの銀次】は居酒屋に珍しい「飲み放題」があります。しかも+500円(税込み)で120分(ラストオーダー30分前)と「飲み放題コース」がよくある焼肉チェーン店よりもかなり安いです。(※注意事項があるので要確認)

お酒を飲まな人や小学生も利用できる+490円(税込み)の「ノンアルコール飲み放題」もあります。(小学生+328円(税込み)・小学生未満+108円(税込み)・3歳未満無料)

【目利きの銀次】には飲み放題の付いた「コース料理」も人気です。

今では当たり前のクーポンも勿論【目利きの銀次】にはあります。

そんな【目利きの銀次】の親会社は「白木屋」や「笑笑」で有名な「株式会社モンテローザ」です。

よくライバル会社である「磯丸水産」のパクリだとか言われることも多いですが、今では「磯丸水産」が約120店舗に対して【目利きの銀次】は181店舗と出店数では上回っています。

「飲み放題」コースや「クジラのメニュー」などは「磯丸水産」には無いので勢いは【目利きの銀次】にあるのかもしれませんね。
※価格及びメニューは2022年5月27日時点のものになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました