タバコ禁煙

なぜ、禁煙に失敗するのか?

sponsored link

禁煙しようと決めて、チャレンジした人は、2,3日あるいは一週間くらいなら意外と簡単にできたりします。

 

それでも禁煙に失敗してしまいます。

 

タバコを吸わない人からみればそんな人がなぜまたタバコを吸うの?と思うかもしれませんね。

 

でもそんな時期にタバコを吸っている人を見かけると「うらやましい」と思ってしまうものなのです。
少なくても私は思いました。

 

おいしそうにタバコ吸ってるなぁと思って、ついつい自分も一本となってしまうものです。
そして最初の一服が思ってたよりも不味いことに気づくのですがでももう一本・・・と手が伸びてしまい、いつの間にか喫煙者に逆戻りになってしまうのです。

 

大体、禁煙に失敗する人は、一本だけなら大丈夫と思ってしまうのですが、それが禁煙失敗のもとになるのですね^^;

 

そうなると2,3日。あるいは一週間やめられたんだから、その気になればまた禁煙できると思いつつタバコを吸い続けてしまうことになります。

 

またその気になれば、タバコをやめられると思ってしまうことが逆に次の禁煙のタイミングというものを失ってしまうのです。

 

なぜ、禁煙のタイミングがむつかしいのか?
当たり前ですがタバコをやめてる間、心の中ではタバコを吸いたいという欲求があります。

 

当たり前のように吸っていたタバコが、吸えなくなるということはストレスになります。

 

今禁煙にチャレンジしてもまた禁煙に失敗するかもという思いがあるのです。

 

そこに俗に言うニコチン中毒も加わるので一時的にタバコをやめることが出来た人は、またその苦しみを味わうことが嫌なので、いつでもタバコをやめられると言いつつ禁煙に踏み出せないのです。

 

私がそうであったように・・・

 

そういうときは禁煙のメリットを自分で見つけて言い訳にするのです。

sponsored link

 

禁煙に失敗するのは意思が弱いからではありません。

何度と無く禁煙にチャレンジしては、また禁煙に失敗するの繰り返しんの人も多いと思いますが、絶対に諦めないで下さい。

 

何回、禁煙に失敗してもいいと思います。

 

タバコを辞めたいと強く思うのであればきっと大丈夫です^^

 

あのヘビースモーカーの館ひろしさんも禁煙できたんです。

 

必ず出来ると自分を信じましょうね^^

sponsored link