タバコ禁煙

タバコ(ニコチン)の中毒からの脱出

sponsored link

タバコ(ニコチン)中毒から抜け出す為には、まずは自分が今ニコチン中毒であることを認める必要があります。

 

自分がニコチン中毒であることを認めることが禁煙への第一歩になるはずです。

 

タバコをやめられない人が、自分がニコチン中毒であることを自覚しなければいつまで経っても禁煙は出来ないでしょう。

 

今までの研究で、タバコに含まれているニコチンに、強い常習性があることが分かっています。

 

そして喫煙者の多くが、喫煙は良くないと認めています。

 

健康に良くないと分かっていながら、それでもついつい手を出してしまうのです。
多くの人が禁煙したいと思っても、タバコ(ニコチン)への依存から逃れられないのです。

 

タバコ(ニコチン)依存が大きいために、タバコをやめることは簡単ではありません。
肉体的にはそれほどではありませんが、むしろそれ以上に精神的な苦痛を覚悟する必要があります。

 

この悪魔のようなタバコが、自分の生活のあらゆる部分に根をおろし、それが習慣となってしまっているので、いざ禁煙しようとしても禁煙に失敗してしまうのです。

 

なぜ、禁煙に失敗するのか?と言う一番の理由はタバコ(ニコチン)への依存が大きいからですね。

 

タバコ(ニコチン)中毒から抜け出すためには精神的な苦労が大きいので禁煙は難しいのです。

 

脳と体がニコチンという悪魔を記憶しているので一度タバコをやめても、たった一本吸うだけで喫煙者に逆戻りしてしまうのです。

 

それほどニコチン中毒と言うのは厄介です。

 

一度禁煙に失敗した人が、また禁煙を決意してもニコチンへの依存を断ち切る為の禁煙のタイミングがいかに難しいかというのもうなずけるかと思います。

sponsored link